生徒(女性)

【合格体験記】早稲田大学法学部 生徒より

先生方は大学・社会人生活においても目標となる存在

ヘウレーカに入会する前

学校の授業での理解不足を他塾の季節講習で補う学習形式をとっていた。計画的に学習できていなかったため、「関数」のような新たな概念の理解を定期試験前に急いでしようとするなどして理解不足を残したままその単元を履修し終えてしまうようなことが多く、体系的に学習できていなかったため、「因数分解=たすきがけ」と思い込んでいるなどその理解不足を把握できていないことがほとんどだった。

入会のきっかけ

母の友人の息子がヘウレーカに通っており、ヘウレーカのことはその人づてで知った。その人から「ヘウレーカは学習指導のみならず、生活指導も優れた塾」だと聞いたことが入塾の決め手となった。

合格の原動力

合格以前に、ヘウレーカでは明確な短期・中期的な目標を毎授業ごとに設定したため、そもそも学習意欲というものがあまりなかった中学生時代の自分に、ヘウレーカはまずその意欲を与えてくれた。ヘウレーカでは多くのことを学んだが、特に、定着確認や単元テストなどの中期的な定着の徹底や模試、過去問などの反省やその中の気付きの蓄積など、他の環境なら自分が疎かにしていたことの大切さを学べたことは自信をもって合格の原動力と言える。ヘウレーカの先生方は、自分に勉強の大切さや楽しさはもちろん、時間や約束を守ることの大切さを教えてくださった他、自分が課題に直面した時にも常に相手の立場になって自分のすべきことを考えさせてくださった。ヘウレーカの先生方はこれからの大学・社会人生活においても目標となる存在だ。

他塾との違い

ヘウレーカには様々なことをする機会が多く存在する

・先生方に気軽に報告・連絡・相談する機会
・自分で決めた先生との約束に向きあう機会
・前回の内容が身に付いているか確認する機会
・自分の得手・不得手・学習速度を把握する機会
・現在の自分と理想の自分とのギャップを分析する機会
・自分の立てた計画を上方・下方修正する機会
・自分を管理し、自分の失敗に責任を持つ機会
・長時間集中を持続し、成果を自信に変える機会
・節目節目に貰った言葉を胸の奥に刻む機会
そして
・志望大学に合格し、人間的に成長する機会

ヘウレーカの良さはこれらの機会を先生方が活かす手伝いをしてくれるところにある。

ヘウレーカ講師について

武井先生、杏華先生、鈴木先生、宮本武先生、本多先生、小出先生、川瀬先生、桜庭先生、中込先生、矢口先生、唐澤先生、照屋先生、根本先生、宮本拓先生、石橋先生、山口先生、そして森口先生へ

またお会いする機会があれば、受験生ではなく一人の社会人として、先生方が日ごろ心がけていらっしゃることを少しでも学び取れればと思っています。今までお世話になりました。